生まれてきたらみんな同級生

「まちのえき」の“感動”を、商店街の“魅力”を、私たちの“感謝”を、少しでもお伝えできたらと思っています。

すばらしい映画 人生フルーツ

290519 (10)
※映画のパンフレットを見ることで、監督やプロデューサーの想いが伝わってきました。

 本当にいい映画です。

 『人生フルーツ』

290519 (1)
※「これに大内塗の小笠原さんが載っとるよ。若かりし頃やね」

290519 (2)
※「昔、駅で配っとったんよ」

  へぇ、非売品ってなってますね。なんと貴重な。

290519 (6)
※宮野の木梨堤。Iさん撮。

290519 (7)
※宮野の乳岩観音?Iさん撮。

290519 (8)
※五拾壱番お大師様とサビエル公園の石柱。Iさん撮。

290519 (4)
※米倉斉加年(まさかね) 憂気世絵(うきよえ)展。 5/31(水)~6/6(火) at 山口井筒屋

290519 (5)
※佐々木経二 日本画展、井筒屋5Fで開催中。

290519 (3)
※小松原俊(こまつばら しゅん)さん。

290519 (9)
※東京・銀座に1863年創業の「金春湯(こんぱるゆ)」がありますが、こちらは岩国の「こんぱる湯」です。


☆平手造酒(ひらて みき)は、江戸時代幕末の剣客。博徒の親分・笹川繁蔵と知り合い、1844年、飯岡助五郎との大利根河原の決闘に笹川方の助っ人として参加し闘死した。講談や浪曲の『天保水滸伝』では、千葉道場で千葉周作門下の俊英であったが、酒乱のため破門されて胸の病におかされながら博徒の用心棒となった素浪人として語られ、笹川繁蔵や飯岡助五郎に劣らぬキャラクターとして人気を博した。

☆「大利根月夜」 by 田端義夫

 「かえり船」 「別れ船」  愛称はバタヤン。

☆「大菩薩峠」は、中里介山(なかざと かいざん)作の長編時代小説。幕末が舞台で、虚無にとりつかれた剣士・机 竜之助を主人公とし、甲州大菩薩峠に始まる彼の旅の遍歴と周囲の人々の様々な生き様を描く。

☆矢原から今山のシダレザクラが見られるんですね。

☆小郡の石ヶ坪山の山頂に、種田山頭火の「分け入っても分け入っても青い山」の句碑が立っています。

☆防府市の宮市本陣兄部家(こうべけ)。

☆「防長苑の旬花のところが工事してたよ。波柄って書いてあるのが見えたなぁ」

☆二反田のカキツバタ。一心行の大桜。

☆矢原のコスモスの近くのサクランボ。

☆「秋葉神社の近くに、赤いブラシに似た花が咲いていたよ」

  (それはおそらくブラシの木でしょうね^^)

☆「新天街にラーメン屋ができるらしいよ」

☆「本圀寺のあの上のは何かねぇ?」

☆橋幸夫の「潮来笠」

☆「湯田温泉の中也の詩碑は原稿がそのまま掲載されてるんよ」

☆ビッケのしつけをするトシ子さん。

☆「千歳橋にフジの花があったんだけどねぇ」

☆「福山城は阿部伊勢守正弘よぉ」

☆月亭方正が柳井市の誓光寺で落語。

☆「淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守」 源兼昌

☆コーヒーの看板をリニューアルぅ~。

☆「だから決めた できれば長生きすることに 年をとってから凄く美しい絵を描いた フランスのルオー爺さんのように ね」 by 茨木 のり子

☆「私たちは 過去の人間から受け取ったものに 私たちの精神と労働を加味して 未来の人間に渡すのです」 by 武者小路実篤

☆伊藤一彦と堺雅人。

☆和木町の「もぶり」

☆イオンやファミリーマートのCMに出るそうです。

☆中崎タツヤ、和田ラヂヲ、吉田戦車。


本日も、ありがとうございました!!


関連記事

FC2Ad